先輩からのメッセージ

ob01
手厚い添削指導による 学習の成果!

中尾 優大 さん

(平成24年度卒業生 広島大学理学部)

横田高校を卒業し、こうして大学生になった今だからこ そ、横田高校の魅力に気づくことが多くあります。その中でも特に横田高校における学習がとても特色あり素晴らし いものだったと思います。大学の友人の多くは高校が進学 校であったり、大手予備校や塾通いだったと聞きます。しかし、塾もない田舎の小さな横田高校では塾に負けない程、先生方が一人ひとりの生徒をよく面倒見て下さいました。 私自身、各教科の先生の手厚い添削指導によりとても充実 した学習が出来ました。進路相談も生徒一人一人を本当に 大切にして下さいます。これは横田高校の大きな魅力です。 現在、私は大学で数学を専攻しています。将来は教師になり横田高校の教壇に立つことを夢見ています。

ob02
地域課題研究で 地域づくりに興味を持った!

山田 千夏 さん

(平成24年度卒業生 島根県立大学総合政策学部)

私は今、大学でまちづくりについて研究しています。高 校時代、廃校活用についての調査を行いました。フィール ドワークや町民への意識調査の実施、奥出雲で活動をして いる方と関わりを持ちました。そして、この人達と一緒に 地元をもっと楽しい町にしたいと思い、大学でまちづくり について学ぼうと進学しました。この経験がなければ今の ような大学生活は送っていなかったと思います。 高校時代は本当にかけがえのないものです。勉強、部活、 趣味、地域活動、高校時代に努力したことは将来必ず自分 に返ってきます。仲間と共に高校生活を充実させてくださ い。

ob03
ホッケーと勉強との 両立を頑張った!

恩田 岬 さん

(平成26年度卒業生 島根大学教育学部)

横田の地を離れた今でも、横田を誇りに思っています。 私は、高校生活のほとんどをホッケーに費やしたと言える ほど、練習や遠征を重ねました。横田高校には、ホッケー をするための素晴らしい設備や環境があります。さらに、 地域の方々は町を挙げて応援して下さいます。全国のチー ムを見ても、こんなに恵まれた環境でホッケーをしている 高校は他にはないと思います。横田高校だったからこそ、 満足のいくまでホッケーに打ち込むことが出来ました。ま た、学習面の悩みもありましたが、先生方が親身になって 相談に乗ってくださり、自分に合った学習方法を見つける ことができ、今こうやって教師を目指しています。私の高 校生活は、これ以上はないほど充実していました。勉強と 部活の両方が揃って初めて、今の自分がいるのだと自信を 持って言う事が出来ます。横田にはお金では買えない “ 人 のぬくもり ” がたくさんあり、その中で育つことができた 事を幸せに思います。私のやりたい事をサポートしてくだ さった、たくさんの方々に感謝しています。今までもらっ ていたぬくもりを、次は自分が返せるように、地域を大切 にできる教師になりたいと思います。

OB04
だんだんカンパニーの 部長として活躍!

細木 絵梨香 さん

(平成25年度卒業生 きすき福祉会勤務)

横田高校でだんだんカンパニーの活動をしたことはとて も心に残っています。普通科の学校で 製造から販売まで 全部自分たちでやるというなかなかできない経験をさせて もらうことができました。わたしは部長もさせていただき 販売後もだんだんカンパニーの活動を知っていただく為に いろいろな場で発表もしました。そのおかげで人前に立つ という場面にも慣れることができ自分の自信にも繋がりま した 。 わたしはいま老人ホームで働いていますがだんだんカン パニーで得た自信や 笑顔での接客など仕事に役立っている こともたくさんあります。中学からの夢を叶えたわたしは 3 年後に国家試験を受けて介護士から介護福祉士になるの が次の夢です!そしていつかは 小さい頃から優しく見守っ てくれていた素敵な奥出雲町のひとを支える為に奥出雲に 帰って働きたいと思っています。夢はいくらでも叶えるこ とができます。みなさんも諦めず自分の夢を追いかけてく ださいね。